DMMモバイル 高速データ通信1GBプラン

MENU

高速データ通信1GBプラン

DMMモバイル特徴DMMの1GB高速データ専用シムが2016年4月に値下げによってワンコイン利用できるようになりました、さっそくマイクロSIMを注文してLTE対応端末(LG G2mini)にて速度テストしました、混雑していると思われる日曜日の19時30分大阪市内で速度ペンチマークの結果は2.5Mbps~3.2Mbpsのスピードでした、ドコモネイティブと比較してしまうと見劣りしました、MVNOとしてはまずまずのスピードは確保されてる模様です、その後に幾度かテストしましたが、安定度は高評価できると思います。

 

2016年から自前のAPNに変更になってます、変更後もやっぱし評判の良いIIJ回線との関連があるようで、悪くはなく、ずば抜けて良くもなく、そこそこ安定した回線状態です。試しにアップロードの速度を測ると4.6Mbpsとスピードが凄いですね、概ねアップダウンともに2Mbps~8Mkbps前後のスピードは出ております。またフュージョンのSMARTalkのIP電話をこのLTE端末でテストしました、通話相手の回線が固定電話、または携帯電話なら何とか会話が成立できる通信品質です、おそらくIP電話同士だと遅延が酷くて無理だと予想できますが。

低速モードになると容量制限あり

DMMモバイルの低速通信で3日間総量が366MB以上使用した場合には、低速通信をさらに遅くする制限があるので繋ぎっ放しなどの使い方には向かないです。高速通信時には月の容量を使い切ると低速に落とされるため、速度制限はありません。

DMMモバイル 高速データ通信1GBプラン 総評!

以前はデビットカードでも契約できましたが現在は無理みたい!契約の申し込み日から5日程度で到着しました、アンドロイドなら簡単な設定だけで直ぐに使えます、高速データ通信1GBのデータSIMなら消費税を加算しても518円と超格安でスマホを使えるのはありがたいです。このSIMに合うオススメなスマホ端末はドコモのLTEバンドに完全対応したシムフリー端末(Zenfone2など)がオススメです、こちらはDMM SIM キャンペーン価格で購入できる情報サイトです。

 

自宅・会社にWiFi環境が整ってる方には超オススメです、外出先で動画は見ない、重いデータ通信はしない、などのライトユーザーには超オススメな1GBプランです。いつも思うのですが、出先でモバイル端末の小さな画面でわざわざ動画を見る必要があるのでしょうか?

 

唯一の欠点は、PING応答速度が100ms前後と他のMVNOと比較すると遅い事です、050アプリを使う予定の方は注意したほうが良いと思います。